consulting

コンサルティング

学校が組織的、効果的に学生の就職活動を支援できる
体制づくり、仕組みづくりをサポートします。

【学校の就職指導部門へのコンサルティングとは?】

外部環境によって毎年大きく変わる採用市場動向に振り回される必要のない、質の高い学生を育成し続けるためには、大学が一体となってキャリア形成支援、就職支援の意識を持つことが重要です。
ソーシャルデザイニング研究所では、大学が組織的、効果的に学生をサポートできる体制づくり、仕組みづくりを目的としたコンサルティング業務を行なっています。

就職支援部門向けコンサルティングの3つのポイント

  1. 大学での「内製化」を可能にする
  2. キャリア科目のレベルを高め、有効活用する
  3. 教職員間でのナレッジマネジメント(情報共有)

実績①全学就職支援プロジェクトのコンサルティング

長岡造形大学の「教員は専門知識を教えるだけではいけない。ゼミなどで関わる学生の就職支援にも積極的に関わるように変えていく」という考えに基づいた、全学をあげての就職支援プロジェクトに当社はコンサルタントとして参加しました。
まず当社のコンサルタントが教員インタビューを行ない現状を把握し、その分析結果をキャリアセンターにフィードバック。キャリアセンターとのディスカッションを経て、教員に効果的に就職支援に関わっていただくための手法を確立していきました。
その後は確立した手法を確実に実行に移すための教職員向けの勉強会や、大学の取り組みを理解していただくための保護者向け勉強会も並行して展開しています。

実績②キャリアポートフォリオの構築コンサルティング

東京都市大学のキャリアポートフォリオ構築プロジェクトに当社はコンサルタントとして参加しました。
このプロジェクトは、学生が学校生活で得た知識や経験を蓄積し、ものごとに目標を持って取り組みや振り返りを行い、さらに高い目標を目指すというPDCAサイクルを習慣化させるためのもので、入学時のオリエンテーションから、学業、学外活動など全てを繋げるキャリアポートフォリオを作成。学生自らに記入させるだけでなく、学校内で「振り返り講座」を行なうことで自己成長を促します。

実績③カリキュラム改革コンサルティング

「4年後にはより社会性を身につけた学生を輩出できる大学になる」ことを目指した法政大学のカリキュラム改革プロジェクトに当社はコンサルタントとして参加しました。
このプロジェクトにおける当社の役割は、全必修科目を分析し、その科目で身につく“社会で役立つ汎用的な能力”を抽出すること。必修科目の中で専門性だけでなく汎用的な能力を伸ばしていくことを目標に、社会で求められる能力とのマッチング等を検証しました。
カリキュラム分析後は教職員向けの勉強会を実施し、教授陣に就職環境への理解を深めていただくと同時に、必修科目の中で学生の基礎的な能力を伸ばしていくことの重要性を理解していただきました。